本場マテ茶の入れ方をご紹介

茶の葉

こんにちは、マテ茶ンマン(@matechanman)です。

マテ茶には色々な楽しみ方がありますが、今回は伝統的なマテ茶の淹れ方を紹介します。

必要なのは茶器一式、マテ壺ボンビージャです。

茶の葉をマテ壺に入れる

茶の葉を入れる量は壺の大きさだったり、味の好みで別れますが、私はだいたい半分か4分の3ほど入れて飲んでいます。

写真のマテ壺は大きめですが、わかりやすくするために4分の3ほど茶の葉を入れます。

マテ壺を逆さまにして振る

茶の葉を入れたら、マテ壺の口を手のひらで押さえて、壺を逆さまにします。

これは細かい茶の葉を口の部分に持ってくるために行います。

粉っぽい茶の葉を口部分に集めて、茎や大きい茶の葉をそこの部分に集めているのです。

こうしてボンビージャ(ストロー)を差して飲むときに茶の葉が詰まりにくくしているのです。

「手が小さいから茶の葉がこぼれる!」

そういう時はタッパーのフタを使うのもアリです、ほとんど茶の葉がこぼれません。

こうして振っているときに壺の模様を眺めるのも、密かな楽しみです。

茶の葉を片方に寄せる

壺を振ったら茶の葉を片方に寄せます、お湯を注ぐスペースを確保するためです。

常温の水を入れる

お湯を注ぐ前に常温のお水を入れて1分ほど待ちます、これはマテ壺と茶の葉に「準備運動」をさせるためです。

常温の水を先に入れずにお湯を入れると、茶の葉に含まれるビタミンや風味が壊れるためで、さらにマテ壺が急激な温度変化に耐えられず「パキッ」と破れるのを防ぐた役割もあります。

陶器やガラスならば割れる恐れは低いですが、木製、特にひょうたんのマテ壺は注意しましょう。

ボンビージャを差し込む

常温のお水を入れて1分ほど待ったら、いよいよボンビージャの登場です。

茶の葉がない部分からボンビージャを入れて、そのまま茶の葉がある方向に差し込みます。

この時「茶葉の底を掘り返す」イメージで差し込みましょう。

お湯を注ぐ

最後にお湯を注ぎます。

私はあまり熱いのは飲めないので、60~70度ほどのお湯を入れて飲んでいます。

飲み終わったら、またお湯を継ぎ足して飲んで行きます。

飲んでいる最中もお茶の葉を片方に寄せるながら飲んでいます。でも飲んでいると茶の葉が湿って固まるので、対して意識せずとも寄っかかっています。

「もう飲み終わろうかな」と思ったら、茶葉の山を崩すとまた味が蘇ります。

まとめ

以上、伝統的なマテ茶の飲み方でした。

色々とやる事が多いですが、慣れれば5分もかからずに出来るようになります。

それにマテ茶に限らずお茶を楽しむって、こういう準備も含めて楽しいものです。お茶の準備って儀式というか、精神統一みたいな感じで気持ちが穏やかになるんですよね。

私はその時間が好きです。

コメント