Kaldiのマテ茶をレビュー

茶の葉

こんばんは、マテ茶ンマン(@matechanman)です

普段はティーバッグ形式のマテ茶を飲むことはないのですが、KALDIでマテ茶製品を購入できると知って試しに買ってみました。

株式会社がんこ茶屋という会社で製造されたマテ茶です。

ザ・南米って感じのパッケージですね。

製品の概要

2g×16パックでおよそ380円。

1パックにつき2gなので、マテ茶特有の「何度もお湯を入れ直して飲む」という事ができませんが、テレレ(水出し)なりラテにして飲むにはちょうど良い量です。

裏面にはしっかりと飲み方も書かれています。

ホットの場合とアイスの場合が記されていて、1年中飲めるように工夫されています。

ティーポットにティーバッグを入れて3〜5分待ちます、わたしはしっかり5分待った方が美味しいと感じました。

茶葉が2gでも1L弱ぐらいはしっかり味が出て楽しめます。

ローストしているので苦味なし

紅茶などの味に極力似せているような味がしました。

これは茶葉を焙煎しているためで、焙煎することによりマテ茶の苦味を取り除くんですね。

焙煎することで成分の含有量が若干落ちますが、苦味を取り除けるとの同時に香ばしさが増し、飲みやすくなるんです。

極力日本人の嗜好に合わせるようにと考えられている感じがして、様々な飲み方を試したい時には最適だと思います。

ちなみに、シマホムというマテ茶の仲間があります。

鮮やかな緑ですよね。これは焙煎していない茶葉を使っているので、青汁みたいな味がして、好き嫌いがはっきり別れると思います。

テレレやラテにして飲むには最適

茶葉をストローで濾し取って飲むマテ茶において水出しで飲んだり、ミルクや砂糖などを入れて飲めるというのがティーバッグ形式の強みですよね。

まとめ

今回の製品で初めてティーバッグ形式のマテ茶を飲みました。

マテ茶に馴染みのない方でも楽しめるようにローストして苦味を取り除いているので、初めて飲む方でも違和感なく楽しめます。

日頃からマテ茶を飲んでいる方にとっては、テレレや牛乳などを合わせて飲む際に適していると思います。

名前MATE TEA マテ茶ロースト
メーカー株式会社がんこ茶屋
価格398円
内容量2g×16パック
購入先KALDI

コメント