【Selecta】レモンフレーバーをレビュー

茶の葉

こんにちは、マテ茶ンマン(@matechanman)です。

Selectaシリーズはいつもプレーンを選んで飲んでいたんですが、ここ数ヶ月くらい前からレモンフレーバーを見かけるようになったので、買って飲んでみました。

飲む前は「ひょっとしたら味の違い分からないかな」って、ちょっと自分の舌に自信なかったんですが、素人でも分かるくらい違いがあったので、レビューを書くことにしました。

Kaldiのマテ茶をレビュー
こんばんは、マテ茶ンマン(@matechanman)です 普段はティーバッグ形式のマテ茶を飲むことはないのですが、KALDIでマテ茶製品を購入できると知って試しに買ってみました。 株式会社がんこ茶屋という会社で製造されたマテ茶で...

製品の概要

Selectaシリーズのシンボルであるお姉さんがしっかり入っていますね。

このお姉さんシンボルは茶の葉製品だけに限らず、ボトルやマテ壺などあらゆるSelectaアイテムに飾られています。

この製品は500gの茶の葉が入っています。通常マテ茶を飲むときは30~40gを使うので、およそ20回分の容量といったところでしょう。

同じ茶の葉で毎日飲むわけではないので、1ヶ月は余裕でイケると考えて間違い無いと思います。

余談ですが、ひじかた園で今回のフレーバーとは違う茶の葉を手に入れたので、近いうちに紹介します。

【ひじかた園】町田でマテ茶を売ってるお店に行きました
こんにちは!マテ茶ンマン(@matechanman)です。 東京・町田の老舗お茶専門店「ひじかた園」に行って来ました! 私は今までAMAZONや海外の通販サイトでしかマテ茶の茶の葉や茶器を買わないのですが、電車で通える距離にマテ...

柑橘を彷彿とさせる爽やかさ

一口目で分かりました「ああ、プレーンとは違うね」って。

プレーンはもう少し重い感じがします。以前紹介したKALDIのマテ茶にグッと重み増したような味です。一回で使用する葉の量が多いからってのもあるんでしょうけどね。

対してレモンフレーバーは重みがあるんですが、スッと飲めるんですね。

柑橘類の爽やかさが重みを打ち消しているのでしょうか。

爽やかさの秘密として、おそらくレモンや柑橘類の葉や茎、エキスなどをブレンドしているんだと思います。

「ほら、レモンの葉が入っているでしょう?」と言いたいところですが、スペイン語が読めないので、はっきりとしたことが言えません(笑)

しかしこうして見ると、茶の葉だけでなく茎も入っていますね。これもマテ茶の特徴です。

ちなみにメーカーによっては茎を取り除いて、茶の葉だけにした製品もあります。

ラテや水出しして飲むにはフレンチプレス等が必要

ティーバッグ形式でないので、マテ・ラテやテレレにして飲むには茶の葉を濾し取るツールが必要です。

私はフレンチプレスを使いますが、お持ちでない方は、見た目がアレですが急須を使うのもアリですね。

まとめ

Selectaレモンフレーバーの紹介でした。

Selectaプレーンは初心者の方でも飲みやすいという評判ですが、私はレモンフレーバーの方が飲みやすいと思います。

レモンフレーバーは簡単にいうとプレーンのグッと来る感じの重さが軽減されて、さらに後味が引きずっていないと思いました。

コメント